本文へスキップ

アルグラヴィティー株式会社は、工事現場におけるクレーンリースを専門とする会社です。

TEL. 0584-78-3425

〒503-0831 岐阜県大垣市新長沢町1-23

サービスSERVICE

サービス一覧

「保有車両一覧」

アルグラヴィティー株式会社のサービス・サポート情報をご紹介いたします。
各種ラフタークレーン保有車両をご紹介いたします。

メーカー (株)タダノ
機種名 CREVO700 G3
型式 GR-600NU
メーカー (株)タダノ
機種名 CREVO350
型式 GR-350N
メーカー (株)タダノ
機種名 CREVO600 EXT
型式 GR-600N
メーカー (株)タダノ
機種名 CREVO300
型式 GR-300N
メーカー (株)タダノ
機種名 CREVO250 G3α
型式 GR-250NV
メーカー (株)加藤製作所
機種名 MR-250(旧22t型)
型式 KRM25H
メーカー (株)タダノ
機種名 CREVO160
型式 GR-160N
メーカー (株)タダノ
機種名 CREVO100
型式 TR-100ML
メーカー (株)加藤製作所
機種名 MR-130R(H)
型式 KRM13H-U

 

「解説」

ラフテレーンクレーン (rough terrain crane) は、ラフタークレーンとも呼ばれており、ホイールクレーンに属している。1つのエンジンを駆動源として走行・旋回・吊り上げなど全ての動作を行ない、ナンバープレートの分類番号は9。四輪駆動、四輪操舵システムを装備しているため、悪路や狭路でも走行・作業に対応できる。しかし、走行性能を高くすると強力なブレーキの装着が必要となり急ブレーキをかけるとブームが地面と接触して横転等の危険が高くなるため、ほとんどのメーカーは、最高速度が50km/h(カタログ公表では49km/h)までしか出せないようにしている。そのためエンジンがたいていの場合同程度の重量のトラックよりも小さく(25トン吊りの場合、4トントラック用のエンジンで26トンほど重量のある車両を動かす)結果、車両のコストダウンとなっているが、公道(特に上り坂)を走行すると後方の車線が渋滞することが多い。大型のものは全長(12mまで)や全幅(2.5mまで)、重量(20tまで)など制限を超えるため、公道の走行には道路管理者の特殊車両通行許可が必要となる。全ての高速道路と一部の自動車専用道路では、最低速度を下回るため走行できない。一部の大型車種については前後に誘導車を付けて、夜間しか走行できない車もある。

「付属サービス」

・現場調査
・特殊車両申請手続き
・先導車/後導車
・クレーン全国手配
・鉄板リース(1.5m×3m、1.5m×6m)

バナースペース

アルグラヴィティー 株式会社

〒503-0831
岐阜県大垣市新長沢町1-23

TEL 0584-78-3425
FAX 0584-78-0986
domo-arigato-project@algravity.co.jp